プレハブ屋さん

プレハブとは

プレハブ工法とは、あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場では加工を行わず組み立てる建築工法のこと。(Wikipediaより)

プレハブとは、
規格統一することで、かかる費用を減らし、建築に掛かる時間を減らすことができます。 まさに、低コスト&スピーディ。

 1か月もあれば、 

ですが、その反面、規格化されてるので融通が利かないとか耐久性に問題ありといわれることがありました。

でも今は、技術の革新によって
外壁もいろいろ選べるし、
 
レイアウト、高い耐久性を手に入れています。

内装だって、 こんなにおしゃれです。

住宅、店舗、事務所

 工場施設や、 大型倉庫にも、様々なシチュエーションで使われています。

 二階建ても大丈夫。

ユニットハウス(スーパーハウス)も活躍中

さらに現場で組み立てのいらないユニットハウス(スーパーハウス)も登場。

 つりあげて  ハウスごとお引越し。

勉強部屋、物置、ごみステーションなど。

日本の技術は、世界一

プレハブは、小学校や中学校では、校舎の補強や建て替え工事などで、一時的な仮設校舎にも使われます。

1995年の阪神・淡路大震災をキッカケに耐震強化の意識が高まる中、プレハブは改良に改良を重ねてきました。

日本の技術が集結している分野であり、今では外からではプレハブ建築に見えないようなものまで増えてきています。